【グリーンマイル】
【グリーンマイル】
私が人に薦めたい洋画、それは「グリーンマイル」です。
映画を観る時はストーリー重視で、それ以外はこだわらない自身が好きな俳優の一人がトム・ハンクスで、彼を好きになったのもこの映画がきっかけでした。

初めて観た時はDVD、しかも10年以上も前なので公開年は知りませんが、上映3時間にも及ぶ長編映画です。
『一人の老人がホーム仲間に語り始める、不思議な物語…それは、その罪人が無実と知りながら電気椅子へ送らなければならなかった、ある刑務官の話』という内容でしたが、何しろ長編でしかも人に薦められての鑑賞…最後まで付き合えるか不安もありました。

実際、全体にわたって緩やかなテンポで落ち着いた雰囲気だったのですが、いつの間にか時間も気にならなくなっている程、この映画に見入っていました。
罪人の一人である黒人男性は、寡黙ながら何やら不思議な力を隠し持っているようで、それが縁で刑務官との間に奇妙な絆が生まれる場面・別の罪人が牢内でネズミを可愛がる場面にはほのぼのしました。

だからその後の処刑場面は残酷で、絶望感で泣き出す罪人の前で復讐を果たして笑う刑務官(※上出の刑務官とは別人)には、本気で憎いと思いました。
それぐらい全員が素晴らしい演技だったのです。
無実の黒人が黙って処刑されていく場面も涙なしには観られないのですが、私が一番好きなのはエンディングです。
穏やかで、そしてとても綺麗な夢で、私もこんな風に人生の最期を迎えられたらと思いました。